ブログトップ

茨城のプロカメラマンは、どなた?

ipaibaraki.exblog.jp

IPA茨城写真家協会ブログ

My Favorite Falls -No.2 嶋田孝和

第二回目は、秋田県由利本荘市鳥海町百宅宇奥山3-1にある、霊峰鳥海山の水を集めて落ちる法体の滝です。
d0163199_21434427.jpg

早朝 5:50分ごろの撮影。高さ57.4m / 滝幅 30mのどっしりとした滝
由来-いろいろあるみたいですが、修行僧の袈裟に法体の姿(着物)ににているところからきているそうです。いつもここに滞在する時は、写真の手前に見えている中州まで渡って行き、一時間ぐらい滝を眺めています。嶋田流滝の楽しみ方。まずはじっくり禅を組みながら滝全体の容姿を楽しみ、次にゆっくり頭を上下に動かし、気孔のように呼吸を整え、滝と一体になりましょう。水の流れがやがて濤になり、スローモションになり、天に上ってゆく龍の姿をみることができるはずです。私の撮影方法も同じで、すぐにカメラを構えずにまずは滝と一体なることからはじめます。
d0163199_2262743.jpg

とても美しい滝つぼです。岩魚が泳いでいるのがときおり見えます。岩魚といえばここ、法体の滝は
映画「釣りキチ三平」の劇中で登場する(伝説の怪魚が住む楽園、夜鳴き谷)ロケ地でもあります。
あまりに美しい滝つぼを眺めていると本当に巨大な岩魚がみえそうです。
監督は「おくりびと」を撮影した滝田氏。滝好きな方はレンタルビデオ屋さんにおいてありますので
お勧めです。映画の内容は、評論家さんにまかせるとして、騙されたと思って滝をご鑑賞ください。あなたもきっと、この場所に行きたくなると思います。癒しの映画です。
d0163199_22161536.jpg

眼下に見える緑地が、法体園地キャンプ場(なんと無料)です。私のお気に入りキャンプ場best10に入っている場所で、秋田側鳥海山めぐりのベースキャンプ場です。(二十四時間滝と一緒にすごせる楽園です)
水情報-ここの水は軟水?で甘みがありとてもおいしいです!ケトルでお湯を沸かして飲むcoffeや抹茶は、至高の一杯です!(水は下にみえるロッジの脇で無料で分けて貰えます。)
温泉・宿情報-近くにフォレスタ鳥海(リゾートホテル)日帰り500円、泊まり11.700円~少しリッチな気分ですごしたい方。露天風呂からの眺めなし。または、鳥海荘-日帰りは、420円・泊まりは6.550円~(少し古めではありますが、スタッフが気持ちよく、露天風呂・部屋からの景色は鳥海山を望むことができ、最高の気分です。ワイルド派は是非!キャンプ場で夕暮れ(ブルーの時間がとくにお勧め)から明け方の滝をご堪能してください。嶋田孝和
d0163199_12474340.jpg

「逢魔が時の法体の滝」黄昏の夕方から漆黒の闇に移る前のほんの数分の時間帯、異界への扉が開きます。この作品はライブラリィーストックとして作品作風を弁護士登録済みです。(2008年)転用禁止。発見した場合、なんらかの措置ではなく私の個人弁護士より措置をとらさせて頂きます。(和解はありません)

追記-滝好きのメンバーを気長に募集中です。茨城の滝の撮影をしたり、年一回ぐらいの写真展などできたらいいなと思っております。嶋田孝和
[PR]
by ipa_ibaraki | 2010-12-16 21:54 | 嶋田 孝和