ブログトップ

茨城のプロカメラマンは、どなた?

ipaibaraki.exblog.jp

IPA茨城写真家協会ブログ

縄文の記憶(田沢湖) 嶋田孝和

遠い遠い、遥か昔、ここに人が住んでいた。
d0163199_0411174.jpg

湖で魚を釣り、山で狩や木の実を採り、生きていた。現代では、その人達の事を、「縄文人」と言う。ここは秋田県、田沢湖。縄文集落の跡が発見されたのは、そう遠くない昔、名前は潟前遺跡と言う。四方を自然の恵みを蓄えた山々に囲まれ、魚影に恵まれた透明度の高い、神秘的なブルーの湖である。
d0163199_0422358.jpg

私の中の縄文の血の記憶を辿り、この地を訪れるのは二度目になる。(上の写真は2010年、夏の撮影)
2011年、夏。どうしても、縄文人も見たであろう景色にめぐり逢いたい為に、今年こそはと、再訪する事にした。

雲が低くたれこみ、時折の雨の中、早めに準備をし、じっとがまんして、その時を待つ。チャンスは5分間ぐらいしかないからである。湖が漆黒の闇に覆われる、ほんの前の時間、
私の見たかった景色は、これである。
d0163199_141368.jpg

目の前の世界がひとつの色で染められる、美しい瞬間!瑠璃色の時間である。
この時、私の心は時空を超えて、遥か縄文の世界に旅をしているのである。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-10-03 00:46 | 嶋田 孝和