ブログトップ

茨城のプロカメラマンは、どなた?

ipaibaraki.exblog.jp

IPA茨城写真家協会ブログ

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

自然は、美しい。感動して、街に、家に、旅館に帰り、美味しいものを食べ、温泉に入る。一日の終わり。
福島県高湯温泉・神の森にて野宿、浄土平方面を望む。

ドヴォルザーク作曲・交響曲「新世界」第9番・第二楽章、または、リベラ(ボーイソプラノ)の音楽のように美しく、絵画的である。

d0163199_034360.jpg


美しい記憶のみを残して自然と接して行く。それはそれでとても良いと思う。だが本当の自然の姿を感じたいならば、山の中で野宿・キャンプ場でも良いので、外での一夜を経験してみて頂きたい。普段、人間がいかに人間の知恵を活かして守られているか、大自然の中では、いかにちっぽけな存在であるか知る事ができるだろう。

d0163199_1094822.jpg


夏山恒例の雷神様(雷)のお通りである。人間などお構いなしに、ドドドン、ドドンとやって来る。テントなどに落ちてきたら、豪雨になったらひとたまりもない、なすすべもなく非難するのみなのである。
長年の経験から木の下は非常に危険、巨大な岩の裂け目も危ない、速やかに非難小屋などに逃げ込むことにしている。キャンプ場でなければ、車の中に(登山中で無い限り、車はテントの側に止める。)非難している(科学的実験結果により一番安全らしい)。熊や猿の来襲にも対応できる。雷が去った後も、風の音・野生動物の鳴き声、足音など一晩中何かと騒がしく、100%安全など山の中においてはありえない。自分を守るのは自分自身の判断と行動なのだ。

普段現代社会においては、あまり使用されていない五感が自然と共に生きていた頃の縄文人のように研ぎ澄まされて来るのを体感出来るだろう。

山は、美しく・楽しく・怖い。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-31 00:38 | 嶋田 孝和
山神様の気配。長野県や新潟県などでは、感じる事はあっても、ほとんど経験したことは無いが、東北の山に篭っていると時折、不思議な光景が現実の時空の中で展開する。青森県三戸郡新郷村戸来の大石神の山頂・巨石の上から、北上山地を望んでいた所、民家も無く、温泉も無い、山の中腹より、不思議な気が昇っているのを見た。これは、シシ神様だ(ダイダラボウ)、時間にして3分ぐらいの出来事である。
d0163199_0171511.jpg

私はこの山での一晩のお礼と深い祈りを捧げた。やはり、東北の山々は神の山である。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-28 00:30 | 嶋田 孝和
子供(幼稚園)関係の仕事もしている関係上、去年の夏にジブリ映画「借り暮らしのアリエッティ」を鑑賞した。ある屋敷の床下に住む、小人の少女「アリエッティ」の冒険から出逢った、人間の少年とのふれあいを描いた作品。原作はメアリー・ノートン、1952年「床下の小人たち」。なにがあっても生きてゆく事がテーマになっており、映画の方も、淡々と描かれていて、子供の時に戻れる映画だった。もうすぐ、dvdもでるらしいので自宅でゆっくり、小人の世界から見た、人間を見てみようと思う。
d0163199_2055429.jpg

ふと気になる、風景に出会い、シャッターを切ってみた。ここにも、小人は暮らしているのだろうか?
子供の頃、誰しも一度は出会ってみたいと考えた、小人。ただ自分の場合は、アリエッティとは違い、モスラに登場する小人だったり、昔のTVドラマ「巨人の惑星」(実は、人間が小人であった)だったりするのであるが、これはまた、別の機会、別の話で・・・・・
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-26 21:29 | 嶋田 孝和
宮崎駿監督作品 「もののけ姫」に登場する、木霊が今にも現れそうな太古の森、元滝伏流水(秋田県にかほ市象潟町)命あるものの、再生の場である。ここの水には、不思議な力がある。
d0163199_192793.jpg

東北の山々には、数多くの神聖な復活、再生の場が存在する。人間がけして、汚してはならない場所がある。私たちが、これから未来に向かってなにをして行かなければならないか、今一度考えなければいけないと思う。
d0163199_1185038.jpg

現在も変わらぬ原風景が、そこに行けば見る事は出来るだろう、だが、水はどうだ、昔のまま、浄化されたままなのだろうか、一度汚された水は元に戻るのに幾十年かかるのだろうか?今の私には、無事を祈る事しか出来ない。
d0163199_1321237.jpg

秋田県にかほ市に出かける時には、是非ともお立ち寄り頂きたい場所である。夏場でも水温が低い為に、足元は霧がたちこめ、外界とは別の世界にいる事を実感出来るだろう。日本の水、100選にもランクインしており、水は、わたあめを溶かしたような魔法の味(ミネラルを多く含む軟水)がする。この水で入れた、コーヒー(砂糖禁止)は至高の一杯である。My favorite falls no.4 嶋田孝和

追記
食の話で恐縮だが、この近くの日本海で採れた、牡蠣は最高の甘みがする。夏の牡蠣は死んでも食べるな!と名言があるが、ここのは海水の温度(鳥海山の冷たい水が流れ込む為)が低い為、牡蠣は毒をもたないと言う、お試しあれ(自己責任において)
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-26 01:34 | 嶋田 孝和
生命の根源、水。不浄のものを浄化し、輪廻転生、命を再生する神聖なる力を秘めている。
d0163199_0184410.jpg

曼荼羅図「再生」
d0163199_0205988.jpg

[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-23 00:22 | 嶋田 孝和
昭和44年、大阪万博と同時期に遥か彼方のメキシコで原子爆発をモチーフに製作された「明日の神話」(現在、恒久的に渋谷駅にて展示)。まだ実物を鑑賞されていない方、興味をもたれた方は、この写真で満足されず、渋谷駅に足を運んでご覧頂きたく思います。真下から見上げるこの絵は、凄まじいパワーで迫ってくるでしょう。

d0163199_22565714.jpg


今年、2011.5.2、心ない人間により、付けたし画のいたずら事件が起きた。幸い、オリジナルの損傷はなく、壁画右下の余白に福島原発の爆発をイメージした絵が貼られていたのである。作風は岡本画伯に似せ、イメージも大変良く描かれており、面白いのだが、あくまでこれは立派な、犯罪であろう。(現在は、撤去し、犯人も名乗りをあげ、事情聴取中)

d0163199_2382820.jpg


もし、岡本太郎氏が生きていたら、笑って「他にはなにが見える?」とでも言いそうだが、今後はもし、なにか表現したいものがいるなら、別の場所・自分の表現でやって頂きたいものである。
改めて、岡本太郎氏のメッセージは現在に於いても、強烈なインパクトをもって見る側に、放たれているのであると実感した事件である。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-21 23:31 | 嶋田 孝和
d0163199_936191.jpg

深く、より深く、潜れ血の記憶。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-18 09:36 | 嶋田 孝和
2011年5月13(金)午前11:30頃、茨城県水戸市千波湖上空を撮影、曇天(コントラストと黒を強調したのみで、あとは、PCで修正しておりません)厳粛なる畏敬の念をこめて、公開。

宇宙・大地・植物・動物・人類、生きとし生きるもの、大気は色々な、気で満ち溢れ、渦巻いている。


龍紋雲
d0163199_19495845.jpg


風神雲
d0163199_19525014.jpg



弥勒菩薩と達磨和尚
d0163199_19534760.jpg


見えるもの、見えないもの、感じるもの、感じないもの、全ては真実である。嶋田孝和

(けして、オカルトや心霊として公開しておりません。お間違えなきよう、ご了承の程申し上げます。)

追記
2007年頃からだろうか、何かを感じ、撮影してしまうようになった。今までは、門外不出でお蔵入りしていたが、最近これは何か、私に託された、メッセージではないかと思うようになってきている。3月11日大地震後の空は、特に異常である。気が乱れている感覚ではなく、なにか異界の門が開いてしまったような感じである。なにも無いに越したことはないが、やはり暫くは要注意である。遠く、浄土宗(法然上人)・僧侶(母方、私の祖母が寺の娘)の血をひく、カメラマンの独り言である。合掌。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-14 19:59 | 嶋田 孝和
たまには山奥の温泉に、俗世間から離れてのんびり入り心と体を癒したい。しかし、なかなか山奥までは行ってられない、そんな時、私が利用している隠れ家的、温泉を紹介します。
d0163199_7191443.jpg

茨城県内原・内原鉱泉「湯泉荘」内原駅から車で三分、住宅地のはずれにあります。
d0163199_7274457.jpg

趣きのある造りの長い廊下が、山形・福島の山奥にある温泉と同じようで、よき時代の大正・昭和へとタイムスリップしてしまいます。ここにある空気は、時間が確実にゆったりとしており、癒されます。
d0163199_7342150.jpg

さてお目当ての温泉(正確には、鉱泉)は、石風呂で、入ると肌に炭酸が付きます(炭酸泉)効能は、腰痛・神経痛・皮膚など。匂いは無臭(アルカリ泉と思われる)で24時間は入れます(泊まり客のみ)日帰りの場合は500円。(通常10:00-5:00)「龍紋石風呂」名前に恥じない、お風呂です。
d0163199_7435367.jpg

休憩場は、大広間はなくこじんまりとしていて綺麗です。あとは大庭園を眺めながら、ベンチで涼めます。
d0163199_749353.jpg
d0163199_7492869.jpg

ここの温泉(鉱泉)は、昔から霊験あらたかで人々から愛されてきたそうです。敷地内に、湯泉神社が奉られてます。
d0163199_7535018.jpg

撮影・紹介は許可を得て掲載しております。
[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-13 07:53 | 嶋田 孝和
2011年5月8日(日)震災後、茨城県常陸太田市折橋町「奈々久良の滝」山桜の季節なので放射能測定器を持ち出かけてきた(測定値は人体に影響なし,但しセシウム値は不明)常陸五山のひとつ、堅波山西側に位置した場所、岩肌に狐様が浮き出ており美味しそうに山の恵みの水を飲んでいる神聖な滝。
d0163199_459421.jpg


時刻は午後3時ごろ、ちょうどこの写真を撮影しているとき、表現しにくいのだが、ゴゴゴゴゴーンと重い音が山中に響きわたった、最初はカミナリ?と思ったのだが、冷静に確認すると地中の中から聞こえてきているのだ、これは、山鳴り(地鳴り)なんだ、生まれて初めて体感した山鳴り、驚きを通り越して恐怖感が体全体を襲うのだ。なにか、えたいの知れない目に監視されているようだ(修正はしておりません)。

d0163199_10452178.jpg

大地が山が怒っている!危険を感じた私は急いで下山の準備である。まるで昔の大映映画「大魔神」魔人様のお山に入りこんで逃げる感覚である。
d0163199_10582663.jpg

大地にひそむ龍がゆっくり、ゆっくり動いている。(これだけの大地震が起こり、約5年前には、栗駒近辺の大陥没もあった。それにしても、不気味に山は静かにしている。東北のどこかで噴火が起きなければよいのだが)
d0163199_10591551.jpg
d0163199_1059417.jpg

地鳴り、地震とは少し感覚が違い、大地が揺れるのではなく、空気が重く振動し響く感覚。インターネットで検索すると最近、山形・福島・茨城県などで最近報告確認されており、小さなニュースになっていた。記事のみの、専門家の話によると心配しないで大丈夫と言っているが、それならなぜ、東日本の大地震の予兆発表ができなかったのか?ある意味、科学より昔から語り告がれている伝承・伝説の重みを感じる経験であった。どう考えても、山が鳴くのは普通でないと、私は思う。
なにも無いほうがいいのだが、暫くは要注意(自然・海の動物・山の動物の動き)かもしれない。嶋田孝和

投稿にて話が出たので、茨城県・鹿島神宮の要石を参考の為、追加掲載致します。
d0163199_2202980.jpg

[PR]
by ipa_ibaraki | 2011-05-11 04:59 | 嶋田 孝和